商品を”守る・魅せる”箱屋の技術と設備 アルミ事業

下へスクロール

オリジナル技術で食品を守るアルミ袋製造

「立体成形アルミ袋」による小形・ーロ羊羹用包材の企画・製造・販売

自社開発のオリジナルマシンを使用し、実用新案技術を使った付加価値の高い商品を提供しております。立体の状態で製袋することにより、ガゼット袋のように袋をふくらませる手間を省き、仕入れてからすぐに内容物の充填が可能です。ガゼット袋のような側面の折りスジが無いため、滑らかな 羊羹に仕上げることができます。
横切り裂き性のあるフィルムを使用している為、手を汚さずに手軽に開封いただけることが特色です。「易開封性・優れた遮光性・バリア性」を実現し、従来のガゼット袋に起こりえた内容物の変色・ 腐食・ 漏れなどのトラブルを解消します。

食品の包装に欠かせない「衛生管理」と「防塵・防虫」体制を構築

商品の性質上要求される高い品質管理・衛生管理基準を満たす為に、クリーンルームを配備。
防塵・防虫対策や温度・湿度管理などのゆきとどいた環境を整えるとともに、より「万全の検品体制」を構築するべく、作業者のスキルアップや検品方法の検討など、日々努力を続けております。エアーシャワーによるライン進入時のチェック、エージレスシールチェック、 バキュームチェック、人間の目による最終チェックなど、様々なトラブルを事前に排除します。
さらに梱包は、異物混入を防ぎ食品衛生を十分に考慮したパッケージングにより万全な状態で製品をお届けします。

WEBサンプルルーム
SmartEdgeBox
導入事例