基本サンプル

デザインはもちろん
パッケージから品位が伝わるような
高級感あるパッケージ

重ね箱(重箱タイプ)

段ごとに異なる商品を収めることができる。
高級感を演出しやすく、パッケージの面積を節約でき、
高さを出したいときに向いている。

デコ箱

元々はデコレーションケーキなどのホールケーキ箱として使われることが多かった。
身箱が浅いため中身(商品)を引き立たせる効果がある。

印ろう箱(センター空きタイプ)

印ろう(内箱)を加えるだけで高級感が高まる。
さらには、身・蓋・印ろうの高さを変えたり、背貼りをすることにより様々な演出が可能。

フルスタムボックス

蓋の4辺の角を斜めにすることにより、”見た目”の差別化を計れる。
機械生産にするには、対応できる機械と専用パーツが必要

のせ蓋箱

板状の蓋を身箱にのせるタイプ。木箱のようにも見える。
蓋や身箱の厚みを増すことにより、高級感・重厚感を表現できる。

変形印ろう箱(逆テーパー付)

印ろう箱のバリエーション。
身蓋の側面を斜めにすることにより、外見的な面白さ・差別化を計れる。

ブック式箱

上製本(ハードカバー)の様な表紙で身箱をはさむタイプ。
蓋を閉じれば書籍のように見えるので、高級感のみならずデザイン的な演出も可能。

八角形身蓋箱

四角形のパッケージが多い中で、多角形の箱は目を引きやすいので、丸箱とともに品揃えのアクセントになる。

引き出し式(2段)

非常に高級感のある付加価値の高い箱。段数はご希望で変更可能。
リボンなどで取っ手をつけると出し入れしやすい。

カットボックス

2箱で印ろうタイプの箱を再現でき、カットラインを斜めや曲線にして装飾効果を上げる事も可能。身蓋でデザインがずれない。

デコ箱(身蓋台紙付)

デコ箱のバリエーション。
蓋天面にも台紙を貼り付ける事により、高級感やオリジナリティを演出できる。

複合タイプ(ブック&引き出し式)

複数の形状をミックスする事により、より個性的なパッケージが生まれる。
高級かつ個性的・機能的なパッケージになる。

重ね箱(横開きタイプ)

非常にオリジナリティのある箱。
ディスプレイ効果も高く、差異性が高い。

背貼り式身蓋箱

身蓋箱の背面を貼ったタイプ。
蓋の裏面をデザインやメッセージスペースに活用できる。
ワンピースにも似ているが、こちらの方が身蓋の境界がはっきりしている。

WEBサンプルルーム
SmartEdgeBox
導入事例